ガラス割れ修理や『互換品』『純正リサイクル品』について

TOPブログその他

iPhoneの修理で一番多いのは


『ガラス割れ修理』『液晶不良・タッチパネル不良修理』です。

上記は言葉は違えど修理する内容は同じです。

では当店も含めて修理金額が変わるのはなぜでしょうか?

iPhoneの画面の修理部品は

ガラス・液晶・タッチパネルがワンセットとなっています。

なので上記修理もこのワンセットの部品を交換します。

その交換される部品の中には

ガラス割れだけで液晶・タッチパネルが正常なものもあります。

液晶・タッチパネルが大丈夫なものは利用価値があるため

その利用価値の分、ガラス割れのみの修理の場合安くなるのです。

ただし利用価値があるのは純正品だけです。

過去に民間の修理店でガラス割れ修理等をしたことある場合は

そのほとんどが互換品の為利用価値はありません。

そのため互換品で液晶・タッチパネルが正常な場合でも

修理料金は液晶不良・タッチパネル不良と同じ料金となります。


互換品とは


Appleで製造されたものではなく

その他民間企業がiPhone修理用に製造した修理部品です。

一般的に全国の民間の修理店でほとんど使われているのは互換品となります。

純正品との違いは

まず液晶の発色・色合い・明るさが若干変わります。

タッチパネルの反応も素早い動きには遅れたり反応し辛い時もあります。

一番の弱点は3Dタッチで、押す場所により力加減が変わったり、

人差し指では反応しないが親指ならOKの場合もあったりします。

これは押す面積の影響かなと推測します。

この互換品も品質の差がかなりあり、

悪いものは上記の症状がひどく通常使用にも耐えかねるものだったりします。

当店で使用しているものは、

卸業者様が現地に人を派遣し厳しい基準で品質チェックを行ない

さらに当店でも最終品質チェックを行った物のみ使用しておりますので

互換品と言えども通常使用には全く問題ない物を提供させていただいています。


純正リサイクル品とは


最初の説明の中で、ガラス割れのみで利用価値のあるパネルを

専門業者様に依頼してガラスのみを純正同等品の物を張り替えて

再利用できるようにしたものです。

液晶・タッチパネルは純正品をリサイクルしていることにより

互換品のような動作に違いが出るようなことはありません。

何も問題なく快適に使えます。

ただしこの純正リサイクル品は全国でも扱っている店舗は少数です。

逆に言えば通常使いであれば互換品でも問題ないということですが、

ストレスなく使用したい方や、

少しでも気になることがあると気になって仕方ない方、

安心して今後も使いたい方はこちらをお勧めします。

iOSがアップデートされた時に互換品だとタッチパネルが動かなくなった

ということも過去にはありました。

iPhoneを落としてガラスをよく割る方は

逆にもったいないのでお勧めはしないですね。




iPhoneの修理店も最近はたくさんできています。

その陰で店を閉めているところも増えています。

仕入れる部品も店によって様々です。

お客様にとっては値段が安いのが一番かと思われますが、

安すぎるものにはデメリットもあったりしますのでお気を付け下さい。

当店では熟練した職人が、

お客様のiPhoneとデータをしっかり守るために

部品も良質なものを使い、丁寧に作業させていただいています。

他店と比べて安いですとも言えませんし、

安売り競争もできませんが、

修理部品や作業に妥協せずに営業しております。

ご質問等はご遠慮なくご相談ください。



最近の記事


過去の記事はこちら