【必読】iPhone・iPadが充電できなくなった時

TOPブログ

最近iPhoneやiPadが充電できなくなったとの問い合わせが増えています。

今までは、ケーブルが悪かったり、ライトニングコネクタ端子不良で部品交換が必要だったりしたのですが、
最近多いのはiOSの不具合によるものです。
ちなみにiOS不具合の場合は強制再起動で直ります。
強制再起動の方法は、スリープボタンとホームボタンを同時押しします。
一度画面が消えて、リンゴマークが出てくるまで押し続けます。
リンゴマークが出てきたら手を離します。
これでケーブルを挿して充電が始まればOKです。
それでも充電できない場合は当店までお問い合わせください。

強制再起動の方法は下の動画を参考にしてください。





最近の記事


過去の記事はこちら