iPhoneガラス・液晶パネルの品質について

TOPブログiPhoneの修理に関して

さてさて、前回ブログの続きみたいになりますね。

前回ブログ気になる方はこちらhttp://www.iphone-ehime.info/blog/iphone_1/iphone_46.html

iPhoneの修理部品を入手する方法は、おおむね下の3種類かと思います。

・チェーン店本部からの仕入れ
・日本の卸業者からの仕入れ
・中国の卸業者からの仕入れ

その中でどれが一番多いかとかは、私はさっぱりわかりません。
ちなみに当店は、中国の卸業者からの仕入れが80%以上を占めています。
結構なフランチャイズチェーン店は仕入先に制限があるところが多いのですが、スマフォドクターグループは懐が大きいので独自仕入れを許してくれています。
また、他のフランチャイズチェーンからの仕入れも許してくれるし、逆に他のフランチャイズから相談があれば内緒で部品を卸しているみたいです(^^)

ちょっと下の写真を見てください。

1601301.JPG












これは当店では取引していない中国の卸業者のプライスリストの一部です。
これを見ても、BestOriginal・Original・SuperCopyと3種類あるのが分かります。
さらにOriginalと聞くと純正品かと思ってしまうのですがそういうわけではございません。
この会社の良くできたOriginal品だということだそうです(^_^;)
当然これら3種類、値段もかなり違ってきます。
そしてこういった業者もかなりの数があります。
となるとその業者の数だけ品質の異なった部品が増えることとなります。
実際にAという卸のOriginalよりもBという卸のCopyの方が品質が良いということもありました。
なのでどこの何が良いのかは実際に中国に足を運んでみてみるか、部品を入手してみないとわかりません。
最近は再生品というのも多く出回りそれは日本で作られているのも多いのですが、その話はまた後日にします。

ではどこからの仕入れが良いのか、メリット・デメリットは何なのかを考えていこうと思います。

まず、チェーン店本部からの仕入れですが、これは無条件でそのようにさせられている店舗が多いみたいです。
用は仕入先の選択肢がないということです。
確かに大体のフランチャイズ本部はこういったところから利益を上げるのが目的だから仕方ないです。
部品の品質に関してはその本部の良心考え方次第ですね。
ただし問題なのはそれを仕入れる店舗です。
どんなに品質が悪くてもそれを仕入れるしかない、良い物を仕入れることができないと嘆いている人がいるかどうかは定かではありません。
実際そこまで品質に気を遣うオーナーさんや従業員さんではない可能性もありますので。
メリットとしては本部がまとめ買いしてくれているはずですので仕入れ値が安くなる(はず)、仕入れや品質のことを考える必要なし、在庫がなくなっても2日もあれば発注してから届くことでしょうか。また初期不良返品もそれなりに素早く対応してくれることでしょう。
ただし先ほど安くなる(はず)と書きましたが、私から見るとほぼ高いです(その品質でその値段ではという意味で)

日本の卸さんからの仕入れですが、チェーン店本部からの仕入れとほぼ同じと考えて良いかと思います。
ただし気に入らなければ次回から使わなければよいという自由がありますし、入荷数次第で値下げ交渉等も可能かと思われます。
チェーン店の本部が日本の卸を兼ねているところもほとんどですので。

ちょっと長くなってきました。
続きは次回で(^^)


最近の記事